ブドウの花かすを簡便に落としてさび果を軽減できる花冠取り器

ブドウのジベレリン処理と花かす落としが同時にできます

  • 慣行では、手やブロアーなどの機械を使って「花かす落とし」を行っていますが、「花冠取り器」は携帯できる上に、満開期のジベレリン処理と花かす落としを同時にできます。
  • 処理直後から大半の花かすが、子房から落下します。
  • 収穫時のさび果の発生程度、特に大きな傷が目立つさび果の発生を軽減する効果があります。

技術を活用して欲しい場面

花かす落としが奨励されている品種あるいは満開期の灰色かび病対策が必要なブドウ生産者。ブラシ部は取り外せるため、ブラシ部単体でも花かす落としに利用できます。

ねらい

花冠が開花後の子房に長く付着した場合、灰色かび病菌の二次感染源やさび果の原因になります。その耕種的防除法として「花かす落とし」が奨励されていますが、繁忙期のため遅れがちです。そこで、満開期のジベレリン処理と花かす落しを同時にできて、さび果を軽減する道具を開発しました。


図1. 花冠取り器(市販モデル)の構成と使用例


図2. 「サンヴェルデ」収穫果のさび果


知的財産情報

発明の名称 花冠取り器
出願番号または登録番号 実登第3129972号

法人番号 7050005005207