日持ち保証に対応した主要切り花の品質管理マニュアル

日持ち保証導入時にご一読ください!

生産者段階での適切な前処理(チオ硫酸銀錯体など)と消費者段階での後処理(糖質と抗菌剤)を組み合わせた主要切り花の品質管理技術の利用により、以下の日持ち保証販売が可能となります。

  • 40品目において常温で5日間、カーネーションなど30品目において常温で7日間
  • キク類など26品目において高温で5日間

技術を活用して欲しい場面

切り花の生産者、市場関係者、花束加工業者、小売店経営者、普及機関従事者など、切り花の生産・流通・販売に関わる方々に活用をご提案します。

ねらい

日持ち保証販売により、消費者の再購買率を高め需要を喚起することが期待されます。本マニュアルは、切り花の取り扱い方法について、共通した注意事項を記載した総論と品目別に記載した各論で構成されており、日持ち保証販売に関心がある生産・流通・販売関係者に有益な内容となっています。


表. 品目別前処理および後処理の効果と保証可能日持ち日数


図. 高温で保持したスプレーバラの品質保持に及ぼす糖質+抗菌剤後処理の効果(30°C、日持ち検定8日目)

法人番号 7050005005207