トルコギキョウを低コストで冬季に計画的に出荷する技術

国産トルコギキョウが品薄で価格が高い冬~春に低コストで確実に生産する

  • 大苗定植、長日処理、初期重点追肥と高昼温・低夜温管理を組み合わせることで、トルコギキョウを冬春季(1-3月)の目標時期に出荷できます。
  • 作付け個体の80%以上が出荷できます。また、在圃期間の短縮や暖房費の削減等により生産コストの低減が可能になります。

技術を活用して欲しい場面

花き生産者。関東以西で冬季(11~1月)の日照時間が350時間以上の地域で活用できます。

ねらい

高コストで収穫が不安定なためトルコギキョウの冬春季の生産量が減少し、輸入が増加しています。当技術はトルコギキョウを冬春季に低コストで計画的に生産し、生産者の収益性の向上と国産の生産量を増加することを目的としています。






法人番号 7050005005207