膨らみや食味が良い玄米粉パンに適した玄米粉の簡易製造法

玄米粉利用の促進で自給率向上!

  • 玄米を12時間以上吸水させた後に気流粉砕することにより、損傷デンプン含有率が低く、粒度の細かい玄米粉が調製できます。
  • この玄米粉にグルテンを添加して作った玄米粉パンは、膨らみや風味が良く、食物繊維やイノシトール、ギャバ等の機能性成分を多く含みます。

技術を活用して欲しい場面

製パン用玄米粉や、菓子等加工用玄米粉の製粉方法としてご活用ください。色素米や巨大胚米、多収穫米にも適用できます。

ねらい

米粉利用において、高い栄養価とコスト削減の観点から玄米粉の利用が望まれますが、玄米粉パンの場合、十分な膨らみが得られないという問題点がありました。そこで、膨らみの良い玄米粉パンの作成を可能とする、損傷デンプン含有率が低く、粒度の細かい玄米粉の調整方法を開発しました。


図1. パンの膨らみに及ぼす玄米吸水時間の影響


図2. 玄米粉パンの各種成分含量

知的財産情報

発明の名称 新規なパン用玄米粉製造方法及び該方法で製造された玄米粉
出願番号または登録番号 特開2012-010660

法人番号 7050005005207