低コストGABA含有液の製造と麺、菓子等の利用

低コストでGABAとGABA強化食品を製造

  • 小麦胚芽、グルタミン酸ナトリウム等を原料に、汎用設備にて12時間程度でGABA(ギャバ;γ -アミノ酪酸)を低コスト・高濃度(12%以上)に製造できます。
  • 微生物発酵過程は不要です。麺・パン・菓子等に配合した場合、調理後も配合したGABAの60%以上が残存します。
  • 開発した低コストGABAの利用によりもやしや野菜、キノコのGABAも強化可能です。

技術を活用して欲しい場面

食品素材製造・販売業者がGABA含有液、GABA含有食品の製造に利用。肥料としてGABA施用することで、もやし、野菜、キノコ等のGABA含量を数十倍強化できます。

ねらい

GABAは高めの血圧を下げる効果等が期待できる物質として注目されていますが、液体品で4万円/kg、粉末品では4~11万円/kgと高価です。そこで、従来品の3分の1程度と低コストなGABA含有液を開発しました。低コストなので、麺、パン、菓子、もやし、キノコ、野菜への利用も可能です。





 

知的財産情報

発明の名称 γ-アミノ酪酸の効率的生産方法
出願番号または登録番号 特許第5252412号
発明の名称 GABAを高濃度に含有する食用植物体及びその製造方法
出願番号または登録番号 特許第4635159号
発明の名称 GABAおよび/またはタウリンを含有する土耕栽培野菜およびキノコ、並びにそれらの製造方法
出願番号または登録番号 特許第4982829号

法人番号 7050005005207