NARO Research Prize

NARO Research Prize 2013

平成25年度第4回役員会(平成25年9月26日)でNARO Research Prize 2013の授賞式が行われました。

2013NaroResarchPrize授賞式

※NARO Research Prizeとは

農研機構の研究職員の研究意欲を高め、研究の活性化につなげるため、理事長が、前年度(今回は24年度)の主要な研究成果の中から、社会的、経済的、または学術的にインパクトの高い優れた研究成果を選定し、表彰するものです。

NARO Research Prize 2013表彰対象研究成果および表彰者

※先頭の者が農研機構内の主たる担当者

1.ピーマンモザイク病を予防する生物農薬「弱毒ウイルスL3-163株」(普及成果情報)

津田新哉(病害虫研究領域・中央農業総合研究センター)

2.β-クリプトキサンチンの血中濃度が高い閉経女性は骨粗しょう症になりにくい(普及成果情報)

杉浦 実(カンキツ研究領域・果樹研究所)

3.アミノ酸添加低蛋白質飼料給与技術による肥育豚からの温室効果ガス排出削減(普及成果情報)

荻野暁史(畜産環境研究領域・畜産草地研究所)、長田 隆(畜産環境研究領域・畜産草地研究所)、勝俣昌也(家畜生理栄養研究領域・畜産草地研究所)

4.高断熱資材で保温性を高め、ダブルアーチで構造強化したパイプハウス(普及成果情報)

川嶋浩樹(傾斜地園芸研究領域・近畿中国四国農業研究センター)、長﨑裕司(傾斜地園芸研究領域・近畿中国四国農業研究センター)、森山英樹(農地基盤工学研究領域・農村工学研究所)

5.埋土種子の耕種的低減技術を活用した除草剤抵抗性スズメノテッポウの総合防除技術(普及成果情報)

大段秀記(水田作・園芸研究領域・九州沖縄農業研究センター)、住吉 正(水田作・園芸研究領域・九州沖縄農業研究センター)、小荒井晃(水田作・園芸研究領域・九州沖縄農業研究センター)

法人番号 7050005005207