NARO Research Prize

NARO Research Prize 2016

平成28年度第4回所長等会議(平成28年9月28日)でNARO RESEARCH PRIZE 2016の授賞式が行われました。

※NARO RESEARCH PRIZEとは

農研機構の研究職員の研究意欲を高め、研究の活性化につなげるため、理事長が、前年度(今回は27年度)の主要な研究成果の中から、社会的、経済的、または学術的にインパクトの高い優れた研究成果を選定し、表彰するものです。

NARO RESEARCH PRIZE 2016表彰対象研究成果および表彰者

※先頭の者が農研機構内の主たる担当者

1. 伏流式人工湿地ろ過システムは有機排水を冬期も含め長期間安定して浄化できる (主要普及成果)

加藤 邦彦 (東北農業研究センター 生産環境研究領域)

2. 周年放牧肥育技術により赤身の多い牛肉を安定して生産できる(主要普及成果)

小林 良次 (九州沖縄農業研究センター 技術支援センター業務第1科)
中村 好德 (九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域)
金子 真 (九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域)
山田 明央 (東北農業研究センター 畜産草地研究領域)

3. ウシ伸長胚を利用した現場実施可能な雌雄産み分け技術(主要普及成果)

松山 秀一 (畜産研究部門 飼養管理技術研究領域)

4. 通水中の農業用水路トンネルを点検できる無人調査ロボット(主要普及成果)

森 充広 (農村工学研究部門 施設工学研究領域)
渡嘉敷 勝 (農村工学研究部門 企画管理部 企画連携室)
中矢 哲郎 (農村工学研究部門 水利工学研究領域)

5. 組織再生に有用なアテロコラーゲンビトリゲル膜を用いた絆創膏型人工皮膚の開発(主要研究成果)

竹澤 俊明 (生物機能利用研究部門 新産業開拓研究領域)

6. 1kmメッシュ農業気象データ提供システムの開発(主要普及成果)

大野 宏之 (農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域)
佐々木 華織(農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域)

法人番号 7050005005207