環境報告書

平成29年9月30日 掲載

「環境報告書2017」を発行しました

「環境報告書2017」は、農研機構の2016年度の事業活動における環境負荷の低減や環境配慮に向けた取り組み、環境関連の新技術・研究成果の紹介や幅広い社会貢献活動について取りまとめています。
本報告書は、冊子での配布は行わず農研機構のWEBサイト上での掲載としており、各所にハイパーリンク機能を用い、クリックするだけで関係するWEBページを閲覧できるなど、知りたい内容をより詳しく調べられるようにしています。

仕様:A4版、46ページ(表紙、編集後記、裏表紙をのぞく)

環境報告書2017

「環境報告書2017」の概要

前回の「環境報告書2016」から、以下のポイントに注目し、当法人が普段の「生活環境」に根ざした身近な存在であることを感じていただければとの願いを込めています。

(1)法人の統合について紹介

農研機構は平成28年4月に農業生物資源研究所、農業環境技術研究所、種苗管理センターの3つの法人と統合し、新たな研究機関として生まれ変わりました。本報告書にて、新たな農研機構の役割、業務内容、組織を紹介しています。

(2)農研機構における2016年度の環境配慮の取組状況等について紹介

環境省の「環境報告ガイドライン(2012年版)」に対応して、農研機構における2016年度の事業活動に伴う環境負荷及び環境配慮の取り組み等について説明しています。

(3)開発技術の紹介を充実

農業分野における環境保全に貢献する研究成果や技術開発の普及を通じ、企業や生産者をはじめ、消費者や近隣の住人を含めた多くの関係者との「情報交流ツール」として活用できるよう、開発技術の紹介欄を充実させました。

「環境報告書2017」に関する問い合わせ先
  • 農研機構 環境管理委員会事務局
    Tel:029-838-6537 / Fax:029-838-8525
法人番号 7050005005207