広報活動報告詳細

平成27年度 夏休み公開を開催しました。

情報公開日:2015年7月28日 (火曜日)

開催日

平成27年7月25日(土曜日) 9時30分~16時

場所

食と農の科学館、中央農研大会議室、作物見本園

    最高気温が34°C近くまで上がった蒸し暑い中、昨年とほぼ同じ2,400名ほどの方々にご来場頂きありがとうございました。

    作物研究所は、六条大麦新品種「カシマゴール」の麦茶の試飲、もち性の大麦新品種候補「関東裸糯94号」のシリアルと乾麺の配布、国産小麦品種「ユメシホウ」を用いたピザ作り体験や、ブロッコリーなどの食べ物からのDNA抽出体験を行いました。試食、試飲、体験コーナーとも、『おいしい~☆』『DNAがとれた♪』と、大好評でした。また、作物見本園も関心のあるお客さんに見て頂きました。さらに、ミニ講演会では、黒くて小さい大豆「くろこじろう」と題して、大豆育種研究分野の高橋主任研究員から新品種の紹介と「くろこじろう」を使った調理法の解説があり、お土産として、黒大豆の苗と食品サンプルの豆が配布されました。

<研究成果を食べてみよう>

大麦「カシマゴール」の自家焙煎麦茶の試飲もち性の大麦新品種候補「関東裸糯94号」のシリアルと乾麺の配布
大麦「カシマゴール」の自家焙煎麦茶の試飲(左)。もち性の大麦新品種候補「関東裸糯94号」のシリアルと乾麺の配布(右)。大麦食品についての質問もいただきました。

小麦品種「ユメシホウ」を使ったピザ作り体験できあがったピザ
小麦品種「ユメシホウ」を使ったピザ作り体験。自分で作って食べる楽しみを体験して頂きました。

<科学で遊ぼう>

身近な食べ物からのDNA抽出体験身近な食べ物からのDNA抽出体験
身近な食べ物からのDNA抽出体験。多くの方がブロッコリーからのDNA抽出体験を希望され、DNAが浮かび上がってくると一斉に感嘆の声を上げていました。

<圃場案内>

稲と資源作物の見本園簡易空撮気球「ひばりは見た!」からの全景
稲と資源作物の見本園(下の写真は中央農業総合研究センターの簡易空撮気球「ひばりは見た!」からの全景)も多くのお客さんに見て頂きました。

<ミニ講演会>

「くろこじろう」の紹介「くろこじろう」の紹介
黒くて小さい大豆「くろこじろう」と題して、新品種の紹介と「くろこじろう」を使った調理法の解説があり、お土産として、黒大豆の苗と食品サンプルの豆が配布されました。

法人番号 7050005005207