広報活動報告詳細

9月5日に品種マッチングミーティング「膨らむ米粉パン!コシのある米粉麺!加工用に適した水稲品種」を開催しました

情報公開日:2018年9月19日 (水曜日)

開催日時

平成30年9月5日(水曜日)14時00分~16時30分

開催場所

主婦会館プラザエフ 東京都千代田区六番町15番地(JR四ツ谷駅麹町口前)

内容

米加工食品の開発・流通・販売等に関連する57名の方に参加して頂き、加工用に適した水稲品種を紹介する品種マッチングミーティングを開催しました。

第1部の講演会においては、まず特別講演として、米粉マイスター協会の陣田靖子先生に、"100%米粉を使った美味しいパン&お菓子"についてお話して頂きました。参加者からは、米粉の使用感を使用者視点で伝えて下さり、分かりやすかった、海外市場と日本市場の違いに興味を持ったなどの感想を頂きました。次に、米粉パン用の「ミズホチカラ」、米粉麺用の「越のかおり」、「北瑞穂」、和菓子用の「愛知糯126号」等の品種紹介、および米デンプンの特徴と加工適性の解説を行いました。参加者からは、アミロペクチン短鎖化によって米加工品の物性が変化することが興味深かったなどの感想を頂きました。

第2部の展示会においては、加工用に適した水稲品種のパネル紹介とともに、その加工品を試食して頂きました。「ミズホチカラ」の100%米粉パンについては、もっちり感がある、蒸しパンのよう等の評価を頂きました。米粉麺の試食においては、「越のかおり」と「北瑞穂」で食感が異なっており、「北瑞穂」は冷麺に向くという感想を頂きました。「愛知糯126号」の試食品(ぜんざい)については、柔らかくで美味しく、様々な和菓子に利用できるという感想を頂きました。


山本万里センター長の挨拶


講演会のようす


展示会のようす


展示会のようす

法人番号 7050005005207