広報活動報告詳細

「食と農のおしゃべりサロン」第7回 開催しました。

情報公開日:2019年3月 6日 (水曜日)

農研機構と松坂屋上野店の共催による品種紹介イベント「食と農のおしゃべりサロン」第7回を、平成31年2月23日(土曜日)に開催しました。

今回のテーマは
「おいしさ、使いやすさ、いいとこ取り! 新提案!コンパクトネギ ふゆわらべ」
と題し、野菜花き研究部門野菜育種・ゲノム研究領域ネギ属ユニットの山田朋宏ユニット長が話題提供しました。

本イベントは農研機構と百貨店の協同により、より多くの人々に農研機構を知っていただき、農研機構の育成品種の認知度を高めることを目指して企画いたしました。松坂屋上野店のレストランを会場に、品種育成者とお客様が直接対話する場をつくり、品種の特徴や品種育成に込められた研究者の思いを伝えました。さらに、新品種を用いたオリジナルメニューをレストランに作っていただき、試食していただきました。

本イベントと同時に、「ふゆわらべ」を用いた期間限定メニューの提供、地階青果物売り場で「ふゆわらべ」の販売もしていただきました。

本イベントは、消費者、百貨店、研究者それぞれにメリットがあります。
消費者にとっては新たな食材を知り、味を確かめ、購入する機会となっています。
百貨店にとっては新品種をいち早く紹介することで、差別化、高付加価値化が期待されます。
また、研究者にとっても消費者の生の声を聞く貴重な機会となります。

この取り組みが、農研機構の育成品種の普及、消費拡大のみならず、農研機構の認知度向上、支持拡大に繋がることを期待します。


会場の様子


限定メニューの説明


青果物売り場における販売の様子