広報活動報告詳細

第6回果樹研フルーツセミナー報告 ブドウ「クイーンニーナ」

情報公開日:2011年10月28日 (金曜日)

日時:平成23年9月14日水曜日13時15分~16時00分
場所:東アリアル五反田駅前会議室 テーマ:ブドウ「クイーンニーナ」
参加者:55名、内訳(流通・小売業15名、野菜ソムリエ等13名、行政・普及9名、その他18名)

概要

9月14日にアリアル五反田駅前会議室で第6回フルーツセミナーを開催しました。流通、野菜ソムリエ、行政・普及関係者を中心に55名の参加者がありました。ブドウ・カキ研究領域の佐藤上席研究員による「大粒ブドウ品種の過去と未来」と題した講演に続き、広島県産「クイーンニーナ」、山梨県産「ゴルビー」の試食を行いました。

「クイーンニーナ」は着色が良好で7割の方が外観が良好と回答し、食味は9割の方が良好とし、約8割の方が商材として期待できると評価しました。食味は甘くておいしいという意見がある一方、甘すぎる、またはもう少し酸味が欲しいという意見がありました。食べやすさについては、皮ごと食べられる「クイーンニーナ」の開発を望むという意見があった一方、スリップスキンで食べやすいという評価もありました。その他、贈答用として期待するという流通の意見、ゴルビーから切り替えたいとする生産者の意見などがありました。今後、各県の研究機関と連携し、赤系の主力品種として栽培技術を確立し、産地化を図る努力が必要と考えられました。


第6回フルーツセミナーの様子

来場者のご意見

  • ゴルビーが赤系では、品種が良いと思っていたが「クイーンニーナ」は品質では、越えたと思う。
  • 味にバラツキがあり、500g以上になったら着色も心配。
  • 水分も多くプリプリしていた。皮が剥きやすく食べやすい。
  • 大変美味しい。個人的には糖度が少し強すぎ?と感じる程でした。
  • 傷みもない棚持ちが良く甘さが安定、色も綺麗と三拍子そろっている。
  • 甘いのは美味しいと感じるが、食べているうちに飽きてしまうので、たくさんは食べられない。
  • 懐石料理の水菓子として2~3粒頂くのは高級感もあって良い。
  • 見た目と甘さを生かして、製菓の素材として期待出来るのでは?
  • 豊じゅんな香りが弱いので個人的にはゴルビーの方が好きだった。
  • 皮ごと食べれる品種が増えているので、種なしなのは良いが少し難しいと思う。
第6回フルーツセミナーアンケート結果
法人番号 7050005005207