広報活動報告詳細

出前授業「種子食用カボチャ品種「ストライプペポ」について」を開催

情報公開日:2017年1月11日 (水曜日)

日時

平成28年12月22日(木曜日)11時00分~13時00分

場所

札幌エルプラザ2階 食材研究室

内容

 札幌消費者協会に所属し、食に関する正しい知識を学ぶため定期的に勉強会を開いている「食と健康を考える会」の会員17名を対象に、出前授業を開催しました。本授業では、作物開発研究領域園芸作物育種グループの研究員が「種子食用カボチャ品種「ストライプペポ」について」をテーマとして紹介しました。

参加された皆さんは、種子食用カボチャ品種に高い関心を持たれ、種子だけでなく果肉も美味しく食べられるカボチャは開発できないかなど多くの質問が出されました。担当研究員は、種子も果肉も食べられる二刀流のカボチャについては開発中で、品種の育成には長い時間をかけて開発していることなどを説明しました。

授業の後半には、「ストライプペポ」を使った試作の惣菜を試食いただき、アンケートにご協力いただきました。

本授業では、種子食用カボチャとその研究についての理解を深めていただくことができました。

 

授業の様子授業の様子

法人番号 7050005005207