広報活動報告詳細

出前授業「ダッタンソバ「満天きらり」について」を開催

情報公開日:2018年10月12日 (金曜日)

日時

平成30年9月14日(金曜日)
午前の部:10時00分~11時30分 | 午後の部:13時30分~15時00分

場所

札幌エルプラザ 2階 食材研究室

内容

北農研は、公益社団法人札幌消費者協会が主催するセミナーの参加者36名(午前・午後各18名)を対象に、出前授業を開催しました。
本授業では、産学連携コーディネーターが「ダッタンソバ「満天きらり」について」をテーマとして、普通ソバとダッタンソバの違い、ダッタンソバ「満天きらり」育成の経緯、「満天きらり」の成分などを紹介しました。また、「満天きらり」と従来のダッタンソバの食べ比べを行い、苦みの少ない「満天きらり」を試食体験いただきました。

参加者は食に関心のある方々で熱心に聴講され、ソバスプラウトのルチンの量はソバと比べてどうか、ルチンを簡単に摂取するためのサプリメントはないのか、など多くの質問が出されました。説明者は、紫外線から身を守るためソバの実よりも葉に多くルチンが含まれていること、ケルセチン配糖体(ルチンもその一つ)のサプリメント商品などを紹介しました。

本授業では、ダッタンソバの育種研究についての理解を深めていただくことができました。


授業の様子