広報活動報告詳細

「九州食の展示商談会in福岡」に出展しました(九州沖縄農研)

情報公開日:2017年3月 8日 (水曜日)

  「九州食の展示商談会」は、九州の産業の強みである農林水産業を生かし、九州・沖縄全体の農商工連携と6次産業化を促進するとともに、食品製造業の販路拡大を目的に開催されるイベントで、九州食の展示商談会実行委員会が主催しています。

  今回、平成28年熊本地震の影響により、当初予定されていた「グランメッセ熊本(熊本県益城町)」での開催が困難となったため、開催地が「福岡国際センター」に変更され、1月18日(水曜日)~19日(木曜日)に「第5回 九州食の展示商談会in福岡 ~復興支援!がんばろう、熊本・大分~」として開催されました。

  この商談会には、九州地域の食品関連の事業者が多数参加しています。九州沖縄農業研究センターも開発した新品種や技術の紹介などを目的に出展しました。

   今回は、イチゴ品種「おいCベリー」・「恋みのり(久留米65号)」と多収米「ミズホチカラ」の米粉100%のパンの試食と「船便によるイチゴ輸出を可能にするパッケージ法」の研究成果を紹介しました。
  その結果、特に「船便によるイチゴ輸出を可能にするパッケージ法」に関して、ご来場いただいた民間企業2社と情報交換を継続しています。

   この展示商談会は九州地域の食品関連事業者が多いので、地域研究センターである九州沖縄農業研究センターの育成品種などを活用した製品なども展示されています。本イベントは、研究成果が製品としてどのように活用されているのかなどをみながら、実需者と情報交換する場にもなっています。研究者にとっても、研究成果が製品としてどのように活用されているのか?実需者の生の声を聞ける貴重な機会となっています。

 会場全体
会場全体

 おいCベリー
おいCベリー

 恋みのり(久留米65号)
恋みのり(久留米65号)

 ミズホチカラ(米粉100%の米粉パン)
ミズホチカラ(米粉100%の米粉パン)

 ブースの様子1
ブースの様子1

 ブースの様子2
ブースの様子2

法人番号 7050005005207