広報活動報告詳細

2014年度 第2回農研機構産学官連携交流セミナー報告

情報公開日:2015年3月26日 (木曜日)

開催チラシ[PDF:656KB]

日時

平成26年8月6日(火曜日) 13時00分~14時20分

会場

文部科学省 研究交流センター内 国際会議場

 

農研機構おすすめの新品種・食品加工技術 -みんなの力で6次産業化の推進を!-

今回のセミナーは、農研機構・つくば産業フォーラム・茨城県が主催するイベント「異分野融合・テクノコロキウム」に併せて開催しました。 イベントテーマ「みんなの力で6次産業化の推進を!」のもと、農研機構おすすめの新品種・食品加工技術をご紹介いたしました。当日は、茨城県内の民間企業や関係機関などから32名が参加されました。

 

発表内容

地域特産作物による6次産業化

大潟 直樹(作物研究所 畑作物研究領域)

これまでに、作物研究所では、高リグナン含有ゴマ品種「ごまぞう」や「まるひめ」の育成と普及活動を行うとともに、日本各地において地域特産作物(ゴマ、ソバ、キノア、インゲンマメ、椿油、レンコン等)の活用についてフィールド調査を行ってきました。

ゴマは、買入単価が高い、産物が軽量、農薬・化学肥料を使わないことが多い、機械投資が少ない、湿地・寒地以外は栽培できるなど、栽培メリットが多いのですが、国産ゴマの生産は限定的であるのが現状です。その原因は、国産品と輸入品との価格差にあります。ゴマだけではなく、ほとんどの地域特産作物がそのような状況にあります。国産品の価値は、高品質、安心・安全、機能性、最近では「こだわり」にあり、価格差をうめることが期待されます。

今後、地域特産作物を活用して6次産業化の推進されることが望まれますが、以下の条件を揃えると、より有効に推進できると考えています。

  • おいしいこと。消費者がおいしいと感じて買いたいと思えば、実需者も入手したいと思い、生産者が作る。
  • 少量でも確実に収穫できること、加工しやすいこと。
  • 色々な輪作が組めること。農地の維持とともに商品のバリエーションが増える。
  • ごだわり(自信や物語)を持つこと。
関連情報

 

 

 

酵素剥皮による果実の新しい商品開発の提案

野口 真己(果樹研究所 栽培・流通利用研究領域)

果実の剥皮方法として幅広く利用されているのは、ナイフ等の刃物による剥皮(ナイフ剥皮)や、酸やアルカリといった薬剤による剥皮(薬液剥皮)です。しかし、ナイフ剥皮では剥皮面の果実細胞の損傷によるドリップ(果汁の漏出)の発生、薬液剥皮では加熱処理による風味の低下が問題となっています。そこで、風味や食べやすさ等に優れる酵素を用いた剥皮法を紹介しました。

酵素剥皮は、果皮組織の細胞の隙間にペクチンを分解する酵素を導入して作用させ、接着していた細胞をバラバラに分離する加工法です。これを活用して、カンキツでは果実加工品の販売や試作の取組みが増えています。酵素剥皮加工販売事例として「丸ごとハウスミカン3個入りスイーツ」、「果肉入りカップゼリー」などがありますが、従来商品に対して果肉品質面(風味、食感)での差別化が図れると考えています。カキは形や大きさが様々ですが、酵素剥皮により丸ごとの形状を維持した剥き身が加工可能になり、干柿加工での酵素剥皮の利用が想定されます。

6次産業化の推進に有効な当該技術が普及することで、国産果樹の新たな加工品の需要創出と消費拡大に寄与することが期待されます。

関連情報

 

 

 

GABA生成乳酸菌を活用した特徴ある乳製品製造

野村 将(畜産草地研究所 畜産物研究領域)

牛乳生産者が自ら乳加工・販売まで業務展開する6次産業化を目指す動きが強まっています。これら乳製品製造においては、産地ごとに特色のある製品を生産して差別化を図ることが必要です。そこで、新しい特徴をもつ乳製品を2つ紹介しました。

1つはGABA含有チーズです。GABA(γ-アミノ酪酸)は、血圧降下作用等が期待される機能性成分です。GABAを生成する乳酸菌を利用すると、100gあたり約100mgのGABAを含み、マイルドな香りと爽やかな酸味を持つチーズが製造できます。また製造で用いるチーズスターターは、GABA生成菌を含む3種類の乳酸菌を混合したものですが、継代を繰り返しても菌株比率が維持されるため、GABA含量が高く風味の良いチーズを安定して製造することができます。

もう1つはチーズホエーを原材料に用いたヨーグルトです。チーズホエーは、チーズを作るときに残る水分ですが、独特の匂い(ホエーフレーバー)があります。その発生を抑え、飲料原料として活用する方法を開発しました。チーズホエードリンクヨーグルトはさらりとした質感で、深い味わいとコクがあります。一般消費者の試飲アンケートでは、ほぼ全員が「多少高くても買う」または「普通のドリンクヨーグルトと同じ値段なら買う」を選び、好評価を受けました。

紹介した製品は、6次産業化を目指す小中規模の製造に適用可能です。本技術を利用した商品を製造・販売してくださる連携先を募集中です。

 

関連情報

 

法人番号 7050005005207