広報活動報告詳細

品種紹介イベント「オトナ女子のための美味しい食育カフェ」(トマト・すずこま)を大阪府高槻市で開催しました。

情報公開日:2019年5月30日 (木曜日)

農研機構は,松坂屋高槻店との共催による品種紹介イベント「オトナ女子のための美味しい食育カフェ」を、令和元年5月25日(土曜日)に、大阪府高槻市で開催しました。

本イベントは、より多くのみなさまに農研機構,および農研機構の育成品種を知っていただくことを目的とし、百貨店とのコラボで、研究者と消費者が直接対話し、育成品種を用いたオリジナルメニューのご試食もしていただいています。

農研機構はこれまでに、松坂屋上野店との共催による品種紹介イベントを開催してきました。今回新たに松坂屋高槻店にご協力をいただき、関西地方での初開催となりました。

今回は成人女性を主な対象としたところ、幅広い年齢層の女性10名、お子様4名の計14名ご参加いただきました。

今回は、「トマトの「赤」の秘密」と題し、クッキングトマト(加熱調理用トマト)の品種「すずこま」を東北農業研究センター 畑作園芸研究領域 施設野菜・育種グループの塚﨑光グループ長が紹介しました。

クイズを交え参加者と対話しながら、トマトに関するさまざまな話題を、楽しく分かりやすく解説しました。日本では馴染みの薄いクッキングトマトの育種開発や、国産クッキングトマト「すずこま」の品種登録までの物語を、育種方法の解説を交えながらお話ししました。

「トマトが苦手」というお子様が、試食メニューのほとんどを平らげて,お母様が驚かれていたのが印象的でした。

また、本イベントと同時に、百貨店の地階青果物売り場で開催中のトマトフェアでの「すずこま」の販売、レストランでの「すずこま」を用いた期間限定メニューの提供をしていただきました。

本イベントを通じて、「すずこま」の普及とともに、関西地方における農研機構の認知度の向上につながっていくことを期待します。

会場の様子
試食メニュー