広報活動報告詳細

Naktuinbouw(オランダの栽培試験実施機関)との連携協定締結について

情報公開日:2017年5月25日 (木曜日)

平成29年5月23日、Naktuinbouw(オランダの栽培試験実施機関)と農研機構 種苗管理センターは、栽培試験に関する連携協定を締結しました。

概要

Naktuinbouwと種苗管理センターは、ともに植物の新品種の品種登録(育成者権)のための栽培試験を行っています。両機関は、特性調査マニュアルを合同で作成することを内容とした連携協定に署名しました。2020年までにバラ(切り花)やレタスなど10種類について作成します。

両機関で特性調査マニュアルを作成することで、将来、日本(またはオランダ)が品種登録のために作成した栽培試験の報告書を、もう一方の国が審査で利用することが可能となります。また、日本は東アジア諸国の品種登録制度(育成者権)の導入を支援していますが、このマニュアルは調査する部位を写真でわかりやすく説明していることから、これらの国にとっても参考となるものです。

[締結式の写真]

NaktuinbouwのBert Scholte品種試験部長と
種苗管理センターの植木所長

[農研機構本部への表敬訪問]

前列左より、植木所長、佐々木副理事長、
Bert Scholte品種試験部長、新本理事(種苗管理担当)

レタスマニュアル(表紙)

法人番号 7050005005207