広報活動報告詳細

食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGRFA)第8回理事会におけるサイドイベント開催の報告

情報公開日:2019年12月18日 (水曜日)

食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGRFA)第8回理事会が、令和元年11月11日~11月16日の期間、イタリア国ローマのFAO本部で開催され、農研機構からも関係者が出席しました。同理事会初日の11月11日に、農林水産省と共催で、サイドイベント「Japanese Activities of PGRFA: Genebank and International Cooperation」を開催し、農研機構が実施する農業生物資源ジーンバンクにおける、食料農業植物遺伝資源の保全及び持続可能な利用の取組について紹介しました。また、理事会期間を通じて、FAO内のオープンスペースで当ジーンバンクの低温種子庫の展示を、制作会社である株式会社椿本チエインと共同で行い、バーチャルリアリティ(VR)によるシステムの紹介等を通じて、我が国の最先端の遺伝資源保存の取組について発信しました。

サイドイベント「Japanese Activities of PGRFA Genebank and International Cooperation」 共同展示風景

季刊広報誌 NARO
農研機構研究報告