広報活動報告詳細

台風12号被災地に職員3名を派遣 ~奈良県、和歌山県~

情報公開日:2011年9月16日 (金曜日)

    台風12号は大型で動きが遅く、紀伊半島では8月30日17時からの総降水量は広い範囲で1000ミリを超える記録的な大雨となりました。農業用施設にも甚大な被害を及ぼしたことから、9月9日に、近畿農政局より農工研に対して災害支援の要請がありました。

    そこで、9月14日~15日に、農工研の防災担当職員の中から3名(中里上席研究員、渡嘉敷主任研究員、正田研究員)を奈良県(大迫ダム)と和歌山県(ため池、農道等)の災害現場に派遣し、被災の原因調査を踏まえ、応急対策や復旧方法の留意点について助言しました。

法人番号 7050005005207