広報活動報告詳細

11月18日に東北農業研究センター福島研究拠点一般公開を開催しました

情報公開日:2017年12月 6日 (水曜日)

日時

2017年11月18日 (土曜日) 10時00分~15時00分

場所

農研機構東北農業研究センター福島研究拠点 (福島県福島市)

来場者数

41名

内容

11月18日 (土曜日) 、福島研究拠点において、一般公開を開催しました。昨年度は「研究施設公開」という形での開催でしたので、一般公開としては7年ぶりの開催となりました。

屋外の企画展示では、最新のドローンの紹介と実演を行いました。実際の飛行と100m上空からの映像を間近に見て、研究担当者の説明を熱心に聞く様子から、関心の高さを感じました。

「放射性セシウム対策に関するセミナー」では、「水田作での対策」と「畑作での対策」の2題についてそれぞれ研究担当者が講演しました。参加者からは、具体的な対策への質問が多く、関心の高さを感じました。

企画演習コーナーでは「圃場で使えるMy水分計を作ってみよう ! 」 (定員10名) を行いました。真剣な表情で作成に取り組んでいる参加者の姿がとても印象的でした。

その他、試食コーナーでは、「被災地のお米」を使ったポン菓子、「被災地のライ麦」を使ったパンケーキ及びパンの試食を行い、施設見学としては、震災後に整備された放射性物質分析棟の見学を行いました。

来場者数は、天候がよくなかったこともあり、41人と少なめではありましたが、その分職員一人一人が来場者に対して丁寧な対応ができたと思っております。

一般公開の様子

写真1
受付の様子
写真2
水分計を作成している様子
写真3
ドローン実演・紹介した企画展示コーナー
写真4
ドローン実演・紹介した企画展示コーナー
写真3
放射性セシウム対策セミナー (水田作での対策)
写真4
放射性セシウム対策セミナー (畑作での対策)
写真3
試食 (ポン菓子) 配布中
写真4
試食 (パンケーキ、パン) の様子
法人番号 7050005005207