広報活動報告詳細

紫陽花の候、英数学館小学校の5年生が校外学習に訪れました。

情報公開日:2017年7月14日 (金曜日)

来所者・日時

英数学館小学校5学年 児童28名、引率教諭3名 計31名

2017年6月29日(木曜日)10時~12時30分

場所

西日本農業研究センター(広島県福山市)

(講堂、福山地区ほ場)

概要

英数学館小学校の5年生が「農業と環境問題」をテーマに話を聞き、水質の簡易実験を体験しました。また、ハウスやほ場を見学しながら農業について学びました。

当日は、志村研究員から、ため池や水田の自然浄化機能をうまく利用して水をきれいにする方法や、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を減らす栽培方法など、環境問題に対する農業分野の取り組みについて、児童へ質問を投げかけながら分かりやすく説明しました。児童からの質問も多く、環境問題への意識の高さがよく分かりました。

水質の簡易実験は、予定時間をオーバーするほどに児童のみなさん一生懸命取り組んでくれました。

warc-koho-20170710a1.pngwarc-koho-20170710a2.png

ソーラーパネルを利用した点滴かん水装置のあるハウスを見学しました。福祉施設などで高齢者や体の不自由な人でも負担が少なく安全に作業ができるようにしたい、という要望があることから、このハウスで栽培方法の研究をしています。笠原研究員から通常の栽培との違いを問答形式で分かりやすく説明しました。児童からは、「ブドウができる位置は全部同じですか?」、「このハウスの装置は、通常の栽培より費用はかかりますか?」など良い質問がありました。

最後に、熱心に説明を聞き、ノートをとる児童の姿と、元気にカエルを捕まえる姿がとても印象に残りました。

点滴灌水ハウス見学1warc-koho-20170710a4 .pngほ場見学1ほ場見学2

法人番号 7050005005207