広報活動報告詳細

第11回食と農のサイエンスカフェ in 四国「施設園芸を支えるIoT」を開催しました

情報公開日:2018年8月29日 (水曜日)

開催日時

  • 2018年8月4日(土曜日) 14時~15時30分

開催場所

  • 農研機構西日本農業研究センター四国研究拠点(生野地区)

参加人数

  • 16名(一般 15、高校生 1)

開催概要

第11回の四国研究拠点サイエンスカフェでは「施設園芸を支えるIoT」について、当研究センター園芸環境工学グループの黒崎秀仁主任研究員が話題を提供しました。

最初に"IoTとは何か"、IT時代から始まりIoT(Internet of Things)という言葉が生まれるまでを身近な例をもとに話が進められました。

大規模な植物工場から小規模な温室にまで普及してきたIoT技術の現状や施設園芸を支える環境制御技術について紹介し、展示したIoT機器に直接触れ、様々な制御する機器の動作を見た後、実際の温室に設置した状況を見学しました。

終了後の参加者アンケートでは、「農業が高度なIoTに支えられていることに驚いた」、「最新のことがわかって良かった」、「温室も見学でき良かった」、「内容も良かったがサイエンスカフェの運営もフレンドリーでゆったりと過ごすことができた」など参加してよかったという意見が多くよせられ、今回のサイエンスカフェも充実した時間となりました。

warc-koho-20180829a11.jpgwarc-koho-20180829a22.jpgwarc-koho-20180829a33.jpg

法人番号 7050005005207