プレスリリース
農研機構シンポジウムを開催

- 土地利用型作物の生産性に関する国際間比較を通した日本農業の展開方向 -

情報公開日:2014年11月27日 (木曜日)

ポイント

  • 12月5日(金曜日)、日本教育会館中会議室(東京都千代田区)において、土地利用型作物の生産性に関する国際間比較を通した日本農業の展開方向に関するシンポジウムを開催します。
  • また、12月3日(水曜日)には、第5マルカビル8階(新潟県新潟市)で、サテライトシンポジウム「イタリア農業技術を応用した低コスト生産システム」を併せて行います。

概要

農研機構では、生産性向上に向けた今後の日本農業の方向性の検討を中心に、土地利用型作物の生産性に関する国際比較と、さらに、水稲、小麦、大豆について、それぞれイタリア、ドイツ、アメリカに関する話題提供を中心とするシンポジウム(生産性国際比較シンポジウム)を下記の通り開催します。
また、北陸地域においては、別途サテライトシンポジウム(イタリア水稲直播サテライトシンポジウム)を開催し、イタリア北部の稲作における技術要素や低コスト化の要因について検討します。
つきましては、本シンポジウムを幅ひろくご案内いただくとともに、当日、ご参加のうえ、紙面、番組等でご紹介いただければ幸いです。

東京開催:生産性国際比較シンポジウム

開催日時

平成26年12月5日(金曜日) 13時00分~17時00分

開催場所

日本教育会館中会議室
東京都千代田区一ツ橋2-6-2

シンポジウムテーマ

「土地利用型作物の生産性に関する国際間比較を通した日本農業の展開方向」

申込み

  • 中央農研Webサイト(イベント・セミナー)からお申し込み下さい。
    • http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/11/054677.html

北陸開催:イタリア水稲直播サテライトシンポジウム

開催日時

平成26年12月3日(水曜日) 13時00分~17時00分

開催場所

第5マルカビル8階(新潟駅万代口正面)
新潟県新潟市中央区東大通1丁目1-1

シンポジウムテーマ

「イタリア農業技術を応用した低コスト生産システム」

申込み

  • 中央農研 北陸研究センター 事務局までお申し込み下さい。
    • E-mail:xx145318(at)affrc.go.jpTel: 025-526-8303