プレスリリース
「光を利用した害虫防除のための手引き」を公開

情報公開日:2014年9月10日 (水曜日)

ポイント

  • 昆虫(害虫や天敵)の光に対する反応について最新の研究成果を紹介し、新たな害虫防除技術の開発に役立てるための手引きを作成しました。
  • 都道府県の試験研究者、農業技術指導者、先進的な生産者に活用していただけるよう、分かりやすく記述しています。手引きのファイルはWebで公開します。

概要

  • 「光を利用した害虫防除技術」は古くから様々な形で取り組まれてきましたが、近年は新しい光源として様々な波長の光を発生させるLED(発光ダイオード)が開発され、これまで知られていなかった多くの知見が明らかになっています。特に、省スペース・省エネルギーなLED照明装置を利用することによって、従来は光を利用した捕獲や防除が困難であった場所でも利用できる簡易な誘引・防除装置の開発も可能になりました。
  • この手引きは、2009年から2013年まで実施された農林水産省の委託研究プロジェクトの成果について、都道府県の試験研究者、農業技術指導者、先進的な生産者等を対象に分かりやすく紹介したものです。構成としては、まず、プロジェクトで調査対象とした昆虫(害虫、天敵類)の種類、光の単位換算表を示し、次に、昆虫の光に対する反応等に関する簡単な解説やこれまでに得られた知見を紹介しています。最後に各論として、害虫や天敵の分類群ごとに得られた成果を整理しました。
  • 手引きのファイル(PDF形式)は、下記URLからダウンロードできます。
    http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/manual/053841.html
  • <関連情報>
    • 本成果は、農林水産省委託プロジェクト研究「生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減技術の開発(2013年から「国産農産物の革新的低コスト実現プロジェクト」の一部)」において「害虫の光応答メカニズムの解明と高度利用技術の開発」(2009年度~2013年度)という課題で実施したものです。
法人番号 7050005005207