プレスリリース
農研機構が日本育種学会賞を受賞

- 小麦「ゆめちから」、水稲「にこまる」などの育成 -

情報公開日:2014年3月21日 (金曜日)

ポイント

  • 超強力小麦品種「ゆめちから」、高温に強く極良食味の水稲品種「にこまる」・「きぬむすめ」を育成した農研機構の2つの研究グループが平成25年度日本育種学会賞を受賞しました。

概要

日本育種学会は、品種改良に関する研究・技術の進歩等をはかることを目的として1951年に創設された日本学術会議登録団体であり、日本育種学会賞は、本会の会員による優れた学術的あるいは技術的業績に対して授与される権威ある賞です。今回の受賞概要は下記のとおりです。日本育種学会第125回春季大会において授賞式・受賞講演が行われます(日時:3月21日(祝)14時10分(目途:総会終了後)~17時00分、場所:東北大学教育情報基盤センター(仙台市))。

 

ゆめちから (平成21年品種登録)

受賞題目

北海道の秋播栽培に適した超強力小麦品種「ゆめちから」の育成

受賞者

農研機構北海道農業研究センター 超強力小麦「ゆめちから」育成グループ(代表者:田引 正)


「ゆめちから」の普及活動

品種概要

北海道向きの超強力小麦品種。強力粉より強い生地特性を持ち、従来の国産小麦とのブレンドでパンや中華麺に適した高品質な小麦粉が生産できる。栽培面積(平成26年産)は11,000haで拡大中。高い製パン品質が評価され「ゆめちから」の品種名を冠したパンも販売された。需要が大きいパン用小麦は自給率が極めて低いことから、我が国の食料自給率向上への貢献が期待されている。超強力小麦と中力粉のブレンドでパン用小麦粉を作るという発想、育成当初からの製パン業者との連携が成功につながった。

 

にこまる、きぬむすめ (平成20年品種登録)

受賞題目

高温登熟耐性を有する西日本向き良食味・良質・安定多収水稲品種「にこまる」「きぬむすめ」の育成

受賞者

農研機構九州沖縄農業研究センター「にこまる」「きぬむすめ」育成グループ(代表者:坂井 真)


稲育種用温室(左は代表者 坂井 真)

品種概要

両品種とも西日本向け水稲品種。「コシヒカリ」等と同等の良食味とこれら品種を5~10%上回る安定多収性、高温登熟耐性を持つ。これらの特性は記録的猛暑であった平成22年の一等米比率の高さ、日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」での「特A」評価など現場レベルで示されてきた。栽培面積(平成25年産:推定)は「にこまる」9,000ha、「きぬむすめ」12,000haで拡大中。温暖化への適応と農家所得向上へ の貢献が期待されている。食味による選抜の重視、酷暑条件での玄米品質安定性評価、遮光処理を加えた高温登熟耐性の評価が成功につながった。

法人番号 7050005005207