プレスリリース
(お知らせ) 農研機構とパソナ農援隊が「日本の地域農業を支える"強い農業者"の育成を目指して」連携協定を締結

情報公開日:2017年6月19日 (月曜日)

ポイント

  • 農研機構とパソナ農援隊は、6月19日(月曜日)に、パソナグループ本部(東京都千代田区)で、連携協定を締結しました。
  • 農研機構の持つ農業に関する高度な農業技術や最先端の研究成果を、パソナ農援隊の持つ農業者支援ネットワークを活用して、いち早く農業生産現場に導入します。
  • パソナ農援隊に寄せられる農業生産現場における技術課題に対し、農研機構が課題解決のためのサポートをします。
  • パソナ農援隊が2016年にフランスのパリに開設した「Le Salon de Chef」を通じ、世界に向けて農研機構の育成品種を紹介します。

概要

農研機構とパソナ農援隊は、日本の地域農業を支える"強い農業者"の育成を目指して、連携・協力に関する協定を締結しました。農業分野において高度な技術や新品種等の開発を行う農研機構と、農業分野での人材育成事業等を展開するパソナ農援隊が連携・協力することで、優れた栽培技術と経営感覚を持つ"強い農業者"を育成し、地域の活性化や国際競争力の強化等を通じて、日本農業の発展に寄与します。

今後の取り組み
・パソナ農援隊が主催する就農研修や農業技術講習において、農研機構の研究者が新技術や新品種を紹介
・パソナ農援隊に寄せられる農業生産現場の様々な課題(病害虫被害や適性品種の選定等)に対し、農研機構の研究者が解決策を提案
・パソナ農援隊が2016年にフランスのパリに開設した「Le Salon de Chef(日本の加工食品・農産品を紹介・販売する施設)」を通じて、農研機構が育成した品種を海外に紹介(参考資料を参照)

株式会社パソナ農援隊
設 立: 2011年12月1日
資 本 金: 5,000万円
主な事業内容:
農産物の生産・加工・販売事業、農業関連研修事業、農業関連コンサルティング・各種サポート、施設管理業務

締結式
パソナ農援隊の田中社長(左)と農研機構の井邊理事長(右)

問い合わせ先

事 務 局: 農研機構本部 連携広報部連携企画室長 高橋ひとみ
広報担当者: 農研機構本部 連携広報部広報課長 齋藤 薫 TEL: 029-838-8988

法人番号 7050005005207