プレスリリース
(お知らせ) 「農研機構市民講座」を開催 切り花の日持ちを延ばすには?

情報公開日:2017年6月19日 (月曜日)

ポイント

  • 7月8日(土曜日)に、食と農の科学館(つくば市)において、農研機構市民講座を開催します。
  • 切り花の鮮度保持の研究に携わってきた研究者が、切り花の日持ちが短くなる原因を説明し、切り花を長く楽しむコツについてお話しします。
  • 広く一般の方々のご参加をお待ちしています。

概要

農研機構は、「農研機構市民講座」を下記のとおり開催します。この市民講座では、地域の方々に農業試験研究の取り組みをご理解いただくために、研究者が専門分野の話題を中心に親しみやすくお話しします。

開催日時

平成29年7月8日(土曜日)、9時30分から10時30分

開催場所

食と農の科学館 オリエンテーションルーム
住所:茨城県つくば市観音台3-1-1
TEL :029-838-8980

演 題

切り花の日持ちを延ばすには?

講 演 者

市村 一雄 (いちむら かずお) (農研機構 野菜花き研究部門 花き研究監)

定 員

約50名 (予約不要)

参 加 費

無 料

切り花の日持ち試験の様子

切り花の日持ち試験の様子

問い合わせ先

農研機構 本部連携広報部広報課 TEL: 029-838-8980、FAX: 029-838-8982

法人番号 7050005005207