プレスリリース
職員の懲戒処分について

情報公開日:2019年1月31日 (木曜日)

平成31年1月31日付けで、職員の懲戒処分を行いましたので公表します。

1. 被処分者及び懲戒処分内容

九州沖縄農業研究センター 研究職員 「停職2月間」

2. 処分に係る事実内容

当該職員は、平成30年1月9日(火曜日)夜、福岡県内のコインランドリー店において、乾燥機内から女性用下着を窃取したとして、平成30年8月2日(木曜日)、福岡県警に窃盗の容疑で逮捕されました。
当該職員は、本件逮捕容疑を認めるとともに、その後の取り調べにおいて、上記ほか6件の余罪が認められ、検察庁へ書類送致されましたが、平成30年11月20日付けで本件は不起訴処分となりました。
上記行為は、職員たるにふさわしくない非行であり、併せて、当研究機構の名誉と信用を著しく傷つけたことから、本日付けで「停職2月間」の懲戒処分を行いました。
平素から職員に対し、法令や内部規定の遵守にとどまらず、倫理や社会規範、モラル、マナーなど、機会ある毎に周知してきたところでありますが、再びこのような事態が起こらないよう、指導・監督を更に徹底してまいります。