プレスリリース

食品研究部門の一覧

RSS

2018年6月4日
(研究成果) バイオプリンティング技術によりDNA分子数を1個単位で制御 (外部リンク:リコー)
2018年2月21日
(研究成果) 動脈硬化の原因となりうるリポタンパク質の発見 (外部リンク: 秋田県立大学)
2017年5月24日
(研究成果) 味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明(外部リンク:岡山大学)
2017年4月11日
(お知らせ) 文部科学大臣表彰「科学技術賞」の受賞決定
2017年1月26日
グルテン不使用の100%米粉パンの製造技術を開発しました - 小麦アレルギーへの対応と米の消費拡大に貢献 -
2016年7月13日
外来DNAの混入を防ぎ、信頼性の高いDNA解析を可能にする 卓上型クリーンルームを開発(外部リンク:科学技術振興機構)
2016年5月10日
味覚受容の第1段階で起こる味覚受容体の構造変化を解明(外部リンク:岡山大学)
2015年9月14日
機能性表示食品「べにふうき」緑茶ティーバッグの開発 - ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する初めての機能性表示食品 -
2014年7月17日
ヒトとマウスの甘味受容体の機能の違いを解明 - ヒトの客観的な味覚評価法の構築に向けて -
2014年3月25日
茶葉中健康機能性成分を効率よく抽出する給茶機の開発 - メチル化カテキン1)、EGC2)、テアニン3) を短時間に抽出できます -
2014年2月6日
微生物1個のDNAでも解析可能に
2013年12月3日
新しい殺菌法(交流高電界殺菌法)を利用した果汁製品の製造が始まります
2013年10月25日
様々な原料を変換できる簡素で環境に優しい「CaCCO(かっこ)プロセス」を開発 - 「稲わら」が「高濃度糖液」に変わる! -
2013年10月22日
驚きの食感!米原料の新規ゲル状食品素材の製造法を開発
2012年10月24日
農研機構国際シンポジウム開催のご案内 - 農産物・食品の健康機能性の予防医学への展開 -
2012年10月24日
食品総合研究所「研究成果展示会2012」 開催のご案内
2012年8月30日
放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質を開発 - 国際規格に従った仕様で2012 年8月31日から頒布開始 -
2012年3月16日
白米からのバイオエタノール製造時における放射性セシウムの動態の解析
2011年4月11日
緊急シンポジウム「放射性物質の食品影響と今後の対応」 - 放射性物質の食品影響と今後の対応 -
2010年10月8日
研究成果発表会「食の安全を求めて~農場から食卓まで~」