プレスリリース
NIASオープンカレッジを9月から開催

- 受講生を募集、つくば及び東京会場の講義で最新の生物科学を学ぶ -

情報公開日:2016年7月 7日 (木曜日)

ポイント

  • 農研機構生物機能利用研究部門(NIAS)は、9月からNIASオープンカレッジをつくば会場(つくばイノベーションプラザ)と東京会場(お茶の水女子大学)で開催します。
  • つくば会場では「バイオテクノロジーで拓く食料、医療などへの農業生物資源の利用と未来」をテーマに、7回の講義で動植物などの機能や遺伝子組換え等の研究をわかりやすく紹介します。
  • 東京会場では「農作物の品種改良が世界を救う」をテーマに、15回の講義で品種改良の歴史、最新の育種技術研究を紹介します。

概要

    農研機構生物機能利用研究部門(NIAS)は、つくば会場(つくばイノベーションプラザ)と東京会場(お茶の水女子大学)においてNIASオープンカレッジを開催します。本オープンカレッジでは、高校生、大学生を含む一般の方を対象に、生物科学が日常の中でどのように利用されているかを学ぶことができます。 つくば会場では、「バイオテクノロジーで拓く食料、医療などへの農業生物資源の利用と未来」をテーマに、動植物などの機能や遺伝子組換え研究をはじめとする最新の生物科学研究の内容を概説します。東京会場では、「農作物の品種改良が世界を救う」をテーマに品種改良の歴史と遺伝子組換え研究や新しい育種技術の研究をわかりやすく紹介します。

つくば会場

・開催日時
  平成28年9月14日(水)~10月26日(水) 全7回
  毎週水曜日 午後 6:00~7:30

・会場
  つくばイノベーションプラザ 大会議室
  茨城県つくば市吾妻1-10-1(つくば駅から徒歩3分)

・共催
  つくば市、知の市場

・講義内容
  別紙シラバスのとおり

・参加費
  無料

・定員
  100名

・参加申込
  知の市場HPよりお申し込み下さい。http://chinoichiba.org/index.html
  講義当日、会場での申込も受け付けますので、多くの方のご来場をお待ちしています。

東京会場

・開催日時
  平成28年9月30日(金)~平成29年1月27日(金) 全15回
  毎週金曜日(祭日は除く)午後 6:30~ 8:30

・会場
  国立大学法人お茶の水女子大学 理学部1号館401号室
  東京都文京区大塚2-2-1(茗荷谷駅から徒歩5分)

・共催
  お茶の水女子大学ライフワールドウオッチセンター、知の市場

・講義内容
  別紙シラバスのとおり

・参加費
  無料

・定員
  30名

・参加申込
  知の市場HPよりお申し込み下さい。http://chinoichiba.org/index.html

法人番号 7050005005207