プレスリリース

次世代作物開発研究センターの一覧

RSS

2018年8月28日
(研究成果) ソルガムにおける乾汁性決定遺伝子の発見 -糖やエタノールの生産性向上に関わる100年来の謎を解明- (外部リンク:東京大学)
2018年8月17日
(研究成果)コムギのゲノム配列解読を達成 - コムギの新品種開発の基盤完成、新品種開発加速化に期待 -
2018年6月6日
(研究成果) 植物ホルモン「アブシジン酸」が働くための新たな仕組みを発見 - 穂発芽しにくい農作物の効率的な開発に期待 -
2018年1月17日
(研究成果) ミルキークイーン3姉妹で作期分散 - 早生の「ミルキーサマー」と晩生の「ミルキーオータム」 -
2017年5月18日
(研究成果) 縞萎縮病に強い小麦新品種「タマイズミR」 - 「タマイズミ」の長所はそのまま、欠点改良で生産拡大 -
2016年7月28日
イネの茎を強くし倒れにくくするゲノム領域を高精度に特定 ~スーパー台風に負けないイネ品種の開発に道を開く~ (外部リンク:東京農工大学)
2016年6月30日
(お知らせ) 農研機構が「夏休み公開」を開催(つくば地区) - 小中学生等に農業と食の大切さをアピール -
2016年6月8日
飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」 - 関東以西向け中生で多収 -
2016年6月8日
極多収の水稲新品種「とよめき」 - 極多収で業務・加工用の早生品種 -
2016年5月19日
オオムギの休眠を制御する新たな仕組みを発見 -降雨による収穫前の発芽防止が可能に-(外部リンク:岡山大学)
2016年3月31日
ムギ類の穂発芽に関する遺伝子を発見 - 穂発芽(ほはつが)しにくい品種の開発が効率的に -
2015年3月30日
ダイズやコムギ等のDNAマーカー育種の利用促進に向け情報を一元化 - 作物の品種改良の効率化に貢献 -
2015年3月13日
平成27年度遺伝子組換えイネ栽培実験について - 「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」に基づく情報提供 -
2015年3月5日
倒れにくく栽培しやすい小粒の黒大豆新品種「くろこじろう」 - コンバイン収穫に適し、納豆や甘納豆などに利用可能 -
2014年12月10日
イネのDNAマーカー育種の利用促進に向け情報を一元化 - イネの品種改良の効率化に貢献 -
2014年11月20日
いもの肥大が早く、ごく多収の青果用サツマイモ新品種「からゆたか」 - 栽培期間が短いため早掘栽培や新規導入に最適 -
2014年6月30日
農研機構が「夏休み公開」を開催(つくば地区) - 小中学生等に農業と食の大切さをアピール -
2014年3月12日
平成26年度遺伝子組換えイネ栽培実験について - 「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」に基づく情報提供 -
2013年12月13日
稲発酵粗飼料用水稲新品種「たちはやて」 - 早生で耐倒伏性が強く茎葉多収 -
2013年12月3日
熱帯アジアの稲の収量を増加する遺伝子を発見 - DNAマーカー育種1)によりインド型品種の増収が可能に -