プレスリリース

果樹茶業研究部門の一覧

RSS

2018年8月15日
(研究成果) 実際の育種集団を活用した効率的なゲノム育種法の確立 -ニホンナシにおけるゲノムワイド関連解析とゲノミックセレクション- (外部リンク:東京大学)
2018年6月12日
(研究成果) 高温でも濃赤色に着色しやすく、食味も良い リンゴ新品種「錦秋(きんしゅう)」 - 温暖なリンゴ産地でも着色しやすく高品質な中生(なかて)品種 -
2018年6月12日
(研究成果) 高温でも着色しやすく、軟化もしにくい リンゴ新品種「紅(べに)みのり」 - 果実外観が優れ品質良好な早生品種 -
2018年2月20日
(研究成果) ウンシュウミカンの全ゲノムを解読 - カンキツ品種改良の効率化に期待 -
2018年2月15日
(研究成果) 高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」 - 西南暖地でも安定して紫黒色果実が得られる良食味の極大粒品種 -
2018年1月30日
(お知らせ) キウイフルーツかいよう病研究成果伝達会の開催について - かいよう病防除対策について最新の研究成果を紹介します -
2018年1月25日
(研究成果) 酸味の少ないニホンスモモ新品種「ハニービート」 - 既存の良食味品種よりも早い時期に収穫できる品種 -
2018年1月25日
(お知らせ)「農研機構カンキツ研究拠点一般公開」を開催
2017年12月25日
(お知らせ) レモンセミナーの開催について - 新品種「璃の香(りのか)」のご紹介と品種別の果汁試飲などをお楽しみ頂けます -
2017年10月24日
(お知らせ) 果樹新品種セミナーを開催 - レモン「璃の香(りのか)」を中心に有望な新品種をご紹介します -
2017年10月12日
(お知らせ) 平成29年度 果樹バイテク研究会公開セミナー 「果樹の新品種育成と新たな育種技術の開発状況」
2017年9月26日
(お知らせ) クリ新品種「ぽろすけ」の加工品求評会
2017年9月19日
(研究成果) 温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明 - 秋冬季の気温上昇に起因、肥料や堆肥の散布時期の変更で発生軽減可能 -
2017年7月5日
(研究成果) DNAの違いから、芽生え段階でカンキツの様々な果実特性を高精度に予測 - カンキツ品種改良へのゲノミックセレクションの有効性を確認 -
2017年6月28日
(研究成果) 西南暖地に向く早生モモ新品種「さくひめ」 - 冬の気温が高くても栽培可能で品質優良な品種 -
2017年6月1日
(お知らせ) 農林水産省 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 「被災地の早期復興に資する果樹生産・利用技術の実証研究」 平成29年度成果伝達会を開催
2017年5月23日
(研究成果) 抹茶や粉末茶に適した緑茶用品種「せいめい」 - 「さえみどり」よりも栽培適地が広く、関東以南で栽培可能 -
2017年4月5日
(お知らせ) 鳥取ナシ育種研究サイトの開所式を開催 - 農研機構果樹茶業研究部門「鳥取ナシ育種研究サイト」 -
2017年3月10日
渋皮が簡単にむける早生のニホングリ新品種「ぽろすけ」 - 「ぽろたん」の受粉樹にも最適 -
2017年2月3日
「農研機構カンキツ研究拠点一般公開」を開催
法人番号 7050005005207