プレスリリース
(お知らせ) 農研機構シンポジウム「畜産業と環境保全の両立に向けて」を開催

情報公開日:2017年12月14日 (木曜日)

ポイント

  • 農研機構は平成30年3月1日(木曜日)に、東京都内において農研機構の重点普及成果「環境に配慮した豚用アミノ酸バランス改善飼料」に関するシンポジウムを開催します。
  • 産学官の担当者が、飼料中のアミノ酸バランス改善技術が豚舎汚水処理水の水質に もたらす効果というテーマを中心に紹介します。
  • 生産者と消費者の視点を交えたパネルディスカッションも行います。

概要

農研機構は、重点普及成果として、「環境に配慮した豚用アミノ酸バランス改善飼料」を選定しました。この技術体系の普及拡大を図ることを目的に、生産者・普及支援関係者等の皆様に対し、標記のシンポジウムを開催し、情報提供を行います。

開催日時

平成30年3月1日(木曜日) 10時00分~16時30分(受付開始 9時30分~)

場所

発明会館 (東京都港区虎ノ門2-9-14)

内容等

詳細は、開催要領【PDF:320KB】をご覧下さい。

主催

農研機構

共催

味の素アニマル・ニュートリション・グループ株式会社、住友化学株式会社、茨城県畜産センター

定員

300名(参加は無料です)

申込方法

平成30年2月8日(木曜日)までに、こちらからお申し込み下さい。 または、必要事項(氏名、所属、電話番号)を記載のうえ、下の事務局にFaxにてお申し込みください。

問い合わせ先

研究推進責任者

農研機構畜産研究部門 研究部門長 塩谷 繁

事務局

同 企画管理部企画連携室 広報プランナー 木元 広実
Tel:029-838-8292 / Fax:029-838-8606
e-mail:koho-nilgs@naro.affrc.go.jp
法人番号 7050005005207