プレスリリース
急傾斜の牧草地を無線操縦で安全に除染ができる作業体系の講習会を開催

情報公開日:2014年9月16日 (火曜日)

ポイント

  • 9月26日(金曜日)に福島県いわき市営芝山牧野において、急傾斜草地の草地更新による除染技術を普及するための講習会を開催します。
  • 一般の乗用トラクタでは作業が困難な傾斜地でも、無線傾斜地トラクタで安全に草刈、耕うん、播種等の一連の草地更新作業ができます。
  • 市営芝山牧野は昨年度この体系で放牧草地の一部が除染され、除染後の放牧地で福島県内の公営牧場として最初に放牧が再開されました。

概要

日頃より、農研機構畜産草地研究所の業務ならびに活動へのご理解と報道面からのご支援をいただき、ありがとうございます。

これまで、傾斜牧草地では作業機が転倒する危険性があるため草地更新による除染作業が困難でした。農研機構畜産草地研究所では、福島県農業総合センター畜産研究所、宮城県畜産試験場および松山株式会社とともに無線操縦のトラクタに装着して30°までの急傾斜地を安全に耕うんできるロータリを開発し、除染作業である草刈、施肥、耕うん、播種、鎮圧の一連の草地更新作業を無線操縦で安全に行う体系(図1)を確立しました。福島県いわき市営芝山牧野では、平成25年度にこの除染体系を用いて急傾斜な放牧地の一部を除染し、除染後の牧草中放射性セシウム濃度が暫定許容値を大幅に下回ったことから、今年7月14日に利用自粛から2年ぶりに、福島県内の公営牧場としては最も早く利用再開を実現しました。今年も残りの放牧地の除染作業が無線傾斜地トラクタを用いて行われています。

しかしながら、急傾斜草地の除染は作業機の転倒の危険性があり、除染困難地として除染が実施されていない急傾斜草地が残されています。このような急傾斜地での除染を進めるため、いわき市のご協力を得て、急傾斜草地の除染に関心をお持ちの方を対象に、作業体系の講習会を実施することになりました。講習会では、これまでの試験で得られた除染の効果、作業効率の説明に加えて、ご希望の方には実際に作業機の操作も体験していただく予定としております。

このたび、報道関係者に開発した急傾斜地草地の除染技術をご覧いただく機会として、講習会の開催をご案内します。当日は是非、ご参加いただき、紙面、番組等で紹介いただけますようお願いいたします。

  • 開催日時
    平成26年9月26日(金曜日) 13時15分~16時00分
  • 開催場所
    いわき市営芝山牧野 (所在:いわき市三和町上三坂字水田255番13)
    ※地図参照
  • 主催
    農研機構畜産草地研究所
  • 後援
    いわき市
  • 申込方法
    「参加申込書」に必要事項を記載し、9月24日(水曜日)12時00分までに下記へファックスまたは、メールにて送付してください。

    農研機構畜産草地研究所
    企画管理部 那須企画管理室 連絡調整チーム
    Fax: 0287-37-7132
    E-mail:連絡先E-mail

  • 主な内容
    (1) 無線傾斜地トラクタによる除染体系の概要
    (2) 無線傾斜地トラクタによる実演および操縦体験
  • その他
    (1) 駐車台数に限りがございますので、車でお越しの際には、できる限り乗り合わせてください。
    (2) 当日の気象状況によっては、主に室内での講習会とし、操縦体験は中止いたします。また、豪雨などにより危険な場合は、中止いたします。中止のときは、ご連絡いたします。

図1.無線傾斜地トラクタを用いた草地更新作業

参考情報:「無線傾斜地用トラクタに装着する傾斜牧草地除染のためのロータリ」
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/nilgs/2012/510b0_03_75.html

2.講習会会場(芝山牧野)地図

法人番号 7050005005207