プレスリリース
多様な主体による農業参入支援技術の普及に関する研究会の開催

情報公開日:2015年11月16日 (月曜日)

ポイント

  • 農研機構農村工学研究所は、12月3日に多様な主体による農業参入支援技術の普及に関する研究会を開催します。
  • 本研究会では、現場のニーズを踏まえた技術開発成果の一端を紹介し、地域住民をはじめ、農業、福祉、医療、教育等の関係者らが自由に参加できます。

概要

農研機構農村工学研究所は、農林水産省の農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(実用技術開発ステージ)「高齢・障がい者など多様な主体の農業参入支援技術の開発」研究の一環として、現場のニーズを踏まえた技術開発成果の一端を紹介し、地域住民をはじめ、農業、福祉、医療、教育等の関係者らが自由に参加できる公開型の研究会を下記のとおり開催します。

つきましては、この催しを広くご案内いただきますとともに、当日、ご参加の上、紙面、番組等でご紹介いただければ幸いです。

  • 日時: 平成27年12月3日(木曜日)13時30分~17時00分
  • 場所: 岡山大学農学部(津島キャンパス) 1号館1階第4講義室・学内圃場
    (岡山市北区津島中1丁目1-1)
  • プログラム: 添付ファイルのとおり
  • 申込方法: 農研機構 農村工学研究所農村基盤研究領域 片山宛に、ファックス、またはメールにて
    11月27日(金曜日)まで(先着順受付)にお申し込み下さい。

FAX:029-838-7609   E-mail: projim25071[@]ml.affrc.go.jp
※メールを送信する際は[@]の[ ]をとってください。

  • 参加費: 無料

 

※当日の取材申込みについては、メールに、(1)氏名、(2)機関名、(3)メールアドレスを下記問い合わせ先までご連絡ください。

法人番号 7050005005207