プレスリリース
ナスの受粉作業を省くことができる新しい遺伝子を発見

- ナス科野菜の省力・安定生産に貢献が期待 -

情報公開日:2015年10月21日 (水曜日)

ポイント

  • ナス系統「PCSS」から、受粉なしで果実生産を可能とする遺伝子を特定しました。
  • この遺伝子は、突然変異でできた遺伝子であり、受粉しなくても果実の成長に必要な植物ホルモンであるオーキシンを増やす働きを持っています。
  • この遺伝子は、トマトやピーマンにも有効であり、生産性向上や省力化等、幅広い応用が期待されます。

概要

農研機構とタキイ種苗株式会社は共同で、ナス、トマト、ピーマン等のナス科野菜に単為結果性 (受粉しなくても果実が着果・肥大する性質) をもたらす新しい遺伝子を発見し、国際特許出願を行いました (出願番号PCT/JP2015/ 051239) 。

タキイ種苗株式会社で育成された単為結果性のナス系統「PCSS」を詳細に調べたところ、この系統にはひとつの遺伝子に突然変異があること、果実の成長に必要な植物ホルモンであるオーキシンがこの変異によって増えることが単為結果性の原因であることが明らかになりました。
この成果により、タキイ種苗株式会社では「PCSS」の強い単為結果性を持つと同時に収量性や果実品質にも優れたナスの実用品種を育成中であり、近く発表予定です。

さらに、トマトやピーマンにも同じ働きを持つ類似の遺伝子があり、ナスと同様に単為結果性品種の開発に利用できることもわかりました。
したがって、今回の成果は、他のナス科野菜での単為結果性品種の開発にもつながり、国内生産現場における生産性向上や栽培の省力化に大きく貢献することが期待されます。

予算

運営費交付金

法人番号 7050005005207