刊行物詳細

農業水利のための水路システム工学 - 送配水システムの水理と水利用機能 -

カテゴリ
: 叢書
タイトル
: 農業水利のための水路システム工学 - 送配水システムの水理と水利用機能 -
発行年月日
: 2015年8月20日
ISBN
: 978-4-8425053-2-9
概要

中達雄, 樽屋啓之著 vii, 212p ; 21cm

第1章 水路システムの目的
1.1 システムの概念
1.2 水路システムに必要な学術
1.3 水路システムの濯概システムの中の役割
1.4 水路システムと事業

第2章 水路システムの構造と機能
2.1 水路システムの構造と水理ユニット
2.2 主要構成施設要素
2.3 水路システムの類型化
2.4 水路システムの機能

第3章 水路システムにおける流れの基礎水理
3.1 はじめに
3.2 次元・単位と水の物理的性質
3.3 流れの基礎原理
3.4 流れのI次元基礎式
3.5 開水路の水理
3.6 管水路の水理
3.7 実験理論

第4章 水路システムの水管理と操作・運用
4.1 はじめに
4.2 水管理とは
4.3 水管理の対象と範囲
4.4 水管理の具体的行動
4.5 水管理の時間スケール
4.6 水管理方式とその実際
4.7 取水管理

第5章 水路システムの配水管理
5.1 はじめに
5.2 配水の考え方
5.3 配水計画方式
5.4 分水制御方式
5.5 開水路における分水制御
5.6 下流がパイプラインの場合の分水制御
5.7 分水量制御の精度

第6章 水路システムの流量制御
6.1 はじめに
6.2 水路の操作と制御の概念
6.3 開水路の流量制御方式の種類
6.4 開水路における用水到達時間と操作損失
6.5 開水路の流量制御方式
6.6 調整池の機能
6.7 幹線水路(開水路)系の水管理方式の提案事例
6.8 管水路(パイプライン)の流量制御方式
6.9 水路システムの上流流量制御方式と下流流量制御方式
6.10 水管理方式と水路形式の関係

第7章 水路システムの設計の基本
7.1 人工物設計の一般原則
7.2 灌漑システム設計の基本
7.3 技術基準に基づいた水路システムの設計(仕様設計)の要点
7.4 機能・性能に基づいた水路システムの設計の要点
7.5 水利用機能に着目した水路システムの基本設計の流れ
7.6 設計案の性能照査

第8章 水路システムの機能保全
8.1 はじめに
8.2 機能保全(ストックマネジメント)と性能
8.3 農業の水利用の変化
8.4 予備的な水利用機能調査(ヒヤリング調査)
8.5 水理機能の現地調査事例
8.6 水利用機能診断の手順

法人番号 7050005005207