刊行物詳細

西日本農業研究センター

高温期の花成誘導に貢献するイチゴ高設栽培の気化潜熱利用培地冷却技術

カテゴリ
: 技術紹介パンフレット
タイトル
: 高温期の花成誘導に貢献するイチゴ高設栽培の気化潜熱利用培地冷却技術
発行年月日
: 2013年3月26日
概要

10月、11月といった早期出荷型の促成イチゴの高設栽培に利用できる技術です。
かん水の余剰水を利用して気化潜熱により簡易・低コストに培地温度の上昇を防ぐことができます。
近年の温暖化により、第1花房と第2花房との収穫間隔が空いてしまう「収穫の中休み」を10~20日程度軽減できます。

法人番号 7050005005207