刊行物詳細

転炉スラグによる土壌pH矯正手法を核としたトマト青枯病の被害軽減対策

カテゴリ
: 技術紹介パンフレット
タイトル
: 転炉スラグによる土壌pH矯正手法を核としたトマト青枯病の被害軽減対策
発行年月日
: 2016年3月16日
概要
: 目次
  1. 土壌pH矯正と青枯病の発病抑制との関係
    1. 土壌pH7.5程度に矯正すると発病が顕著に抑制されます (プランター試験)
    2. 土壌pH7.5程度に矯正しても青枯病菌の密度は減少しません (室内試験)
  2. 圃場試験での被害軽減事例
    1. 自根苗を定植した場合でも一定の被害軽減効果は認められ、耐病性品種ではその効果が向上します
    2. 畦内だけをpH矯正しても被害軽減効果が発揮されます
    3. 耐病性台木への接木苗を用いると、極めて高い被害軽減効果が発揮されます
    4. 現地農家圃場を使用した実証試験でも被害軽減効果は認められました
  3. 土壌pH矯正がトマトの生育・収量・品質に与える影響

    土壌pH矯正しても、トマトの生育・収量・品質には影響しません

  4. 本成果利用上の注意点
法人番号 7050005005207