刊行物

診断に基づく小麦・大麦の 栽培改善技術導入支援マニュアル(総合版)


画像をクリックするとPDFが開きます

カテゴリ
水田作
畑作
技術紹介パンフレット
成果マニュアル
タイトル
診断に基づく小麦・大麦の 栽培改善技術導入支援マニュアル(総合版)
発行年月日
2020年3月31日
概要

小麦・大麦の安定多収のためには、収量が思うように上がらない圃場の問題点=『多収阻害要因』を理解し、適切な対策技術を導入して改善することで、本来品種が持つ能力を最大限に発揮させることが重要です。この『診断に基づく小麦・大麦の栽培改善技術導入支援マニュアル』は、生産者の皆さんが、収量が上がりにくい圃場の多収阻害要因が何かを簡便な方法で診断・判定し、それを改善するためにどのような対策技術を導入すべきかが分かるようにフローチャート形式で構成されています。

なお、本成果は、農林水産省委託プロジェクト研究「収益力向上のための研究開発(多収阻害要因の診断法および対策技術の開発)」により得られたものです。