トピックス詳細

平成24年度「農研機構シンポジウム」の開催について

情報公開日:2012年6月 4日 (月曜日)

農業・食品産業技術総合研究機構(略称:農研機構、NARO)は、我が国最大の「食糧・農業・農村」に関する研究機関であり、農業の生産基盤、農業生産現場から加工・流通・消費までの技術並びにこれらと関連した農村及び食品産業の振興に資する研究開発等を行っています。さらに、得られた成果については、広く国民・関係機関に情報発信して利活用の促進を図っています。

この度、その一環として、下記一覧表のとおり、平成24年度の「農研機構シンポジウム」を開催することといたしました。今年度は国際シンポジウム3件、国内シンポジウム5件を開催いたします。

一般消費者、農業従事者、行政関係者の皆様等、研究者に限らずできるだけ多くの方々に御参加いただき、農研機構の研究成果を知るとともに活用していただきたいと考えています。

日程が確定次第順次ホームページ上でお知らせいたしますので、これら「農研機構シンポジウム」に、是非ご出席いただきたくご案内申し上げます。皆様の多数の御参加をお待ちしています。

平成24年度農研機構シンポジウム一覧表

番号国際/国内シンポジウム名実施時期
1 国内 農研機構シンポジウム「飼料イネ・放牧を活用した水田周年利用技術の展開」 平成24年12月3日~4日
2 国内 農研機構シンポジウム「大豆低収の打破 高位安定化への道」 平成24年12月6日
3 国内 農研機構シンポジウム「茶・果樹の放射性セシウム汚染に関する対策技術開発の現状 平成24年11月28日
4 国内 農研機構シンポジウム「自給飼料および畜産物への放射性物質移行とその低減技術」 平成24年12月5日
5 国際 農研機構シンポジウム「農産物・食品の健康機能性の予防医学への展開」 平成24年11月14日
6 国際 農研機構シンポジウム「地域発低コスト・省エネをめざした施設園芸生産イノベーションシンポジウム」 平成24年12月11日~12日
7 国内 農研機構シンポジウム「イチゴの安定生産技術と新品種育成の最前線」 平成24年10月24日~25日
8 国際 NARO国際シンポジウム-イネウンカ類の殺虫剤抵抗性と媒介ウイルス病に関する最新研究- 平成24年12月6日~7日

 

法人番号 7050005005207