野菜茶業研究所

べにふうき緑茶の研究情報

べにふうき緑茶の研究情報

べにふうき研究成果の説明 (ここが大事 !)

※野菜茶業研究所における 「べにふうき緑茶」 に関する研究成果およびデータは、原則として商用目的には引用、転載 (改変含む) の許可はしておりません。 (情報広報課)

「べにふうき」 とは?

1993年に命名登録 (農林登録) 、1995年に品種登録 (種苗登録) された、日本で初めての紅茶・半発酵茶兼用品種です。
1965年に、多田元吉 (ただもときち) が1887年頃にインドから導入した種子から選抜された品種 「べにほまれ」 を母親に、1954年に第二次マナスル登山隊に参加し、後に隊長を務めて初登頂に成功した槇有恒 (まきゆうこう) 氏が、農林省を通して鹿児島県に寄贈した種子から育成された 「枕Cd86」 を父親に交配された組合せから選抜されました。
樹勢が強く、病害抵抗性も強い開張型の品種です。

メチル化カテキン(epigallocatechin-3-O-(3-O-methyl) gallate;EGCG3”Me)と 「べにふうき」

「べにふうき」 に含有されているメチル化カテキンが抗アレルギー作用を有していることが明らかにされたのは、1999年のことです。
紅茶にすると酸化酵素の働きでメチル化カテキンが消失してしまうことやメチル化カテキンは、成熟葉に多く含有しており、茎には含有されていないことがわかりました。
そのため、メチル化カテキンを効率的に利用するためには、紅茶ではなく、緑茶や包種茶に製造する必要があります。
また、強い火入れや焙じによってメチル化カテキンは減少しますので、火入れの際には注意が必要です。

メチル化カテキンについて

茶葉中に含有されるポリフェノールの1種で、茶葉に最も多く含まれるカテキンであるエピガロカテキンガレートの一部がメチル化されたもの。
「べにふうき」 、 「べにふじ」 、 「べにほまれ」 という茶の品種に多く含まれる。
高温で溶け出しやすく、水に溶けて作用します。
水の中に溶けた状態で加熱されると異性化体のGCG3”Meが増加します。 (細胞実験では、抗アレルギー作用の強さは、GCG3”Me > EGCG3”Me でした)
メチル化カテキンを効率的に利用したい場合は、熱湯で 「べにふうき」 緑茶をよく抽出してから、その抽出液を利用してください。
ヒト介入試験で、 「やぶきた」 に比べてアレルギー性通年性鼻炎の有意な軽減効果が認められた1日34mgのメチル化カテキン (EGCG3”Me + GCG3”Me) (日本臨床栄養学会誌 (2005) 27 (1) , 33-51) を摂取するためには、 (例えば) メチル化カテキン含量が1.5%のお茶の葉であれば、3.8gの茶葉を約400ml以上の水で 「煮沸しながら5分以上」 煎じる必要があります。 (1日分)
ヒト介入試験では、軽減効果は1日あたり34mg、68mgで認められ、17mgでは対照の 「やぶきた」 と同等でした。

粉末茶の利用の注意

「べにふうき」 緑茶は、若蒸しで製造されることが多く、たとえば一番茶を粉末にして水を注ぎ容器に詰めて持ち歩くなどすると、一番左下の図を見てわかるように、光過敏性皮膚炎の原因物質であるフェオホルビドが80mg/100g (40℃で6時間) 生成します。
粉末茶を水につけた状態で長時間持ち歩いたり放置してから飲まずに、熱湯で攪拌しながら抽出したらすぐに飲むようにしてください。
粉末茶の利用の場合も、 (例えば1日2回に分けて飲む場合) メチル化カテキン含量が1.5%のお茶の葉であれば、1.9gの粉末茶を200ml以上の 「熱湯」 によくかき混ぜて抽出してから飲む必要があります。

「べにふうき」 緑茶のおすすめの飲み方は

(1) ティーバッグの場合 :

「べにふうき」 緑茶4~6g (2gもしくは3gのティーバッグ2個分) を500mlのお湯で5分煮沸茶殻を取り出し→ 冷まして半分に分け、食後 (朝食後と昼食後か朝食後と夕食後) に1回ずつ、1日に2回飲んでください。
暖かいのが好みであれば、水筒などに入れておいても1日だったらOKです。

(2) 粉末茶の場合 (1回分) :

1.5g以上の粉末茶を200mlの熱湯に入れてよくかき混ぜる (1分くらい) → 冷ましてから一気に飲んでください。
※作り置きはしないで下さい。

「べにふうき」 緑茶のおすすめの飲み方は (どんなタイミングで飲み始めるのが良い?)

季節性アレルギー性鼻炎には、スギ花粉が飛散する1.5ヶ月前から飲用を開始すると、花粉飛散時に飲み始めるより効果的でした。
早めの飲用がおすすめです。

妊婦さんや乳幼児、カフェインを飲むと眠れなくなってしまう人は

低カフェインべにふうき緑茶を製造する機械なども開発し、そのような機械で製造したお茶も販売されていますのでご利用ください。
低カフェイン (カフェイン半減) になっていれば、上記のような量でも大丈夫です。

渋くてあまり多量に飲めないけど効果を期待した人には

ショウガエキスを入れると、 「べにふうき」 緑茶のアレルギー軽減効果が増強されることがヒト試験で確かめられています。
2~3gの 「べにふうき」 緑茶のティーバッグをよく煮出して抽出した浸出液 (上のおすすめの飲み方) にすり下ろしショウガを耳かき1杯くらい入れて飲んでみてください。
香りも良く立つので暖かい時の方が美味しいですよ。

「べにふうき」 緑茶の抗アレルギー作用

メチル化カテキンの多い 「べにふうき」 緑茶のもつ抗アレルギー作用 (ヒトでの効果) 、作用機序を明らかにし、飲食品開発を行いました。
カフェインが気になる乳幼児でも飲用できるよう、 「べにふうき」 からカフェインを半減させる製造装置開発も行いました。
また、 「べにふうき」 緑茶からのメチル化カテキンの最適な溶出条件も確立しました。

メチル化カテキンの作用機作

生葉低カフェイン処理装置

エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)-ガレートべにふうき緑茶飲用後のカテキン類の血中動態

べにふうき緑茶のスギ花粉症軽減効果とショウガエキスの増強効果べにふうき緑茶からメチル化カテキンを効率的に抽出する

蒸熱条件の異なるべにふうき緑茶粉末の40°C保温による経時的フェオホルビド生成量の変動べにふうき長期飲用者と短期飲用者の比較