野菜茶業研究所

野菜育種・ゲノム研究領域 (安濃本所)

安全・安心でおいしい野菜を開発するために

ふゆわらべ野菜のゲノムとその機能を明らかにすることで、安全・安心な野菜の育種と栽培に貢献します。また、食味や食感を重視した新品種や、急激に需要が伸びている業務・加工用に適する新品種の開発にも取り組んでいます。

野菜育種・ゲノム研究領域について

野菜育種・ゲノム研究領域は、野菜の品種育成、DNAマーカー利用及び遺伝子機能の解明と利用に関する技術に係る試験及び研究並びに調査に関する業務を行います。

研究グループ

  • 葉根菜育種研究グループ(安濃本所)
  • 果菜育種研究グループ (安濃本所)
  • 野菜ゲノム研究グループ(安濃本所)

野菜育種・ゲノム研究領域の背景

野菜に対する多様な需要を満たすため

あきめき食味はもちろん、香りや食感まで含めたおいしさは野菜の命です。また、栄養だけでなく抗酸化能などの機能性も重要視されるようになりました。また、近年、 外食・中食産業の発展により業務・加工用野菜に目が向けられています。一方、野菜生産者の減少・高齢化にともない、ますますの省力・低コスト化を考えなければなりません。これらの多様な需要を満たすための野菜品種の育成も重要な課題です。

野菜のゲノム情報の利用のため

domein01-03野菜類のゲノム情報がわかれば、野菜の品種育成や、栽培特性の改良に役立ちます。私たちは、特定の品種や系統間でそのゲノム情報の差と特性の差を見出し、 これを育種に役立てるDNAマーカー研究、特定の有用な遺伝子を人為的に導入することにより植物を改良する遺伝子組み換え研究、特定の性質に着目し、その 生物学特性から関連する遺伝子の機能や役割を推定し、これらの知識を栽培技術開発に役立てる生理研究などを通して、野菜のゲノム情報を明らかにすること、 また、これらの研究を通して、野菜類の品種育成や栽培技術開発に貢献することを目指しています。

 

 

 >> 野菜茶業研究所トップページ