野菜茶業研究所

野菜生産技術研究領域 (つくば)

新しい野菜生産技術開発のために

新しい野菜生産技術開発のイメージ野菜の主な利用先が家庭での消費から業務用 (ファミレス・総菜用・給食用など) へと大きく変わりつつあります。そこで、この変化に合わせた、大型施設を利用して効率的に生産するための様々な技術開発や、定時・定量・定質の野菜出荷に向けた新たな生産技術開発へ取り組みます。

野菜生産技術研究領域について

野菜生産技術研究領域は、野菜の業務需要等に対応する生産、高収益施設生産及び環境保全型生産に関する技術に係る試験及び研究並びに調査に関する業務を行います。

研究グループ

  • 施設野菜生産技術研究グループ (つくば野菜研究拠点)
  • 露地野菜生産技術研究グループ (つくば野菜研究拠点)
  • 環境保全型野菜生産技術研究グループ (つくば野菜研究拠点)

野菜生産技術研究領域の背景

わが国の施設野菜が輸入野菜に負けないために

わが国の施設野菜が輸入野菜に負けないためにの画像大型施設に対応した作業者にやさしい栽培管理技術の開発国産の施設野菜は安全で高品質ですが、輸入野菜よりも価格が高いと消費は伸びません。生産物あたりの生産コストを下げるため、植物工場に代表される大型施設を利用した効率的に生産するための様々な技術開発や研究が必要です。

露地野菜の安定的な生産のために

露地野菜の安定的な生産のイメージ業務用利用に対応するためには、生産物の安価で安定的な供給が欠かせません。収穫調製作業の機械化によるコスト削減、梅雨や秋の長雨、台風のような気象災害による被害の軽減、生産物の定時・定量出荷のための収穫予測システムの開発などが重要な課題となっています。

環境保全型野菜生産技術の確立のために

環境保全型野菜生産技術の確立のイメージ食品の安全性への関心の高まりによる有機農産物等への需要拡大にともない、農薬や化学肥料の使用量を出来る限り削減し、堆肥等の有機質資材を活用した安全・安心な野菜の栽培技術の開発が求められています。

>> 野菜茶業研究所トップページ