花き研究所

花き病害図鑑

すすかび病(ススカビビョウ)

(糸状菌)

植物名: ボタン ボタン科 Paeonia suffruticosa
病原菌: Cladosporium paeoniae
病徴写真

比較的大型の褐色病斑。

葉裏からもはっきりと病斑はわかる。

激発すると葉は枯れる。

病斑の拡大、病斑部に黒色のかびが生えている。
病原菌写真

病原菌の分生子。
病徴:

葉や木化していない葉柄などに発生。葉縁などに比較的大型の褐色円形~楕円形の病斑が形成される。病斑は同心円紋を伴うことが多い、葉柄ではくさび状の黒 色病斑となる。多湿時は病斑上に黒色ビロード状にかびが生えるのが観察できる。本病は激発すると葉や葉柄が枯れ植物体が弱る。

発生時期:

春~秋

防除法:

罹病葉の除去。

備考:

本病原菌はシャクヤク斑葉病菌と同じ菌である。

文献:

富樫浩吾・川村正三:岩手農試彙報 8:25, 1942 ,  堀正太郎:日植病報 1(4):66, 1921) 岩垂 悟ら:満洲農試報 45:182, 1942

外部サイト:

日本植物病名データベース

記述者:

築尾嘉章

記載日: 2011年9月14日

研究センター