前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.174 (2014年10月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

第35回農業環境シンポジウム 「外来牧草をめぐる諸問題」 (10月25日 東京)

独立行政法人農業環境技術研究所は、2014年10月25日(土曜日)午後、ベルサール神保町(東京)において、第35回農業環境シンポジウム 「外来牧草をめぐる諸問題 〜侵略的 ! ?、メリット・デメリット、そしてこれから〜」 を開催します。

侵略的外来種による脅威が増すなか、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約締約国会議 (COP10) において 「愛知ターゲット」 が採択されました。侵略的外来種については、これまで以上に管理の強化が求められ、2020 年を目途に管理優先度の高い外来種の制御や根絶、また、それらの導入や定着を防止するための対策を講じることが目標として掲げられました。これに対して環境省では、外来種被害防止行動計画を策定し、効果的な外来種管理についての施策を模索しています。一方、外来種の中には、家畜飼料として用いられる外来牧草のように、国民の食生活を支える役割を持つものがあり、その位置づけについては検討すべき点が残されています。

本シンポジウムでは、国による侵略的外来種対策と外来牧草の環境影響について紹介した後、外来牧草を利用する畜産業の現状と外来牧草の生態的特性についての理解を深め、外来種のメリットとデメリットを視野に入れた上で、外来牧草の管理と利用について、今後の方向性を考えます。

ポスター画像
第35回農業環境シンポジウム
外来牧草をめぐる諸問題
開催案内ポスター
(PDFファイル 0.7 MB)

開催日時: 2014年10月25日(土曜日) 13:00−17:30

開催場所: ベルサール神保町 (東京都千代田区西神田3-2-1 千代田ファーストビル南館3F)

主催: (独)農業環境技術研究所

後援: 農林水産省、 環境省、 (独)農研機構 畜産草地研究所、 日本草地学会、 日本雑草学会

対象: 一般市民、 農業関係者、 国公立・独法試験研究機関、 行政、 大学、 企業 等

詳細: プログラム、参加登録については、
第35回農業環境シンポジウム 「外来牧草をめぐる諸問題」 開催案内ページ をご覧ください

前の記事 ページの先頭へ 次の記事