前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事
農業と環境 No.186 (2015年10月1日)
国立研究開発法人農業環境技術研究所

MARCOシンポジウム2015 「モンスーンアジアにおける農業環境研究の挑戦」 開催報告

MARCO

農業環境技術研究所は8月26日から28日まで、つくば国際会議場(茨城県つくば市)ほかにおいて、MARCOシンポジウム2015 「モンスーンアジアにおける農業環境研究の挑戦」 (MARCO Symposium 2015 “Next Challenges of Agro-Environmental Research in Monsoon Asia”) を開催しました。

開催日時: 2015年8月26日(水曜日) 〜 28日(金曜日)

開催場所: つくば国際会議場(エポカルつくば) ほか

開催趣旨:

モンスーンアジアの農業環境は、その恵まれた気候条件から水田耕作を中心とした高い持続的生産性と豊富な生物多様性を維持してきました。しかし、地域の急速な人口増加と経済発展に伴って、農業環境に関するさまざまな問題が顕在化しています。 これに対し、2006年の農環研国際シンポジウムにおいて、モンスーンアジア農業環境研究コンソーシアム(MARCO) が形成され、定期的な国際シンポジウム等の開催、情報交換のためのウェブサイトの開設、研究者の招へい・派遣等人材育成などが図られ、MARCO のもとでの国際的な連携が推進されてきました。

MARCOシンポジウム2015 では、これまでの MARCO の活動において活発な連携が図られてきた研究課題(気候変動、生物多様性、化学物質汚染、土壌保全)を中心に、関係する国内外研究機関から専門家を招へいし、これらの主要研究課題に関する最新の情報交換と議論を行いました。同時に、他の研究課題も含めて、今後のモンスーンアジアにおける農業環境研究の研究方向や連携強化について議論しました。

主催: 国立研究開発法人農業環境技術研究所(農環研)

共催: 食糧・肥料技術センター(FFTC)

後援: 農林水産省、 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、 独立行政法人国際協力機構(JICA)、 茨城大学農学部、 アジア土壌パートナーシップ(ASP)

参加者: 合計 150名(海外(12か国、2国際機関)から 48名、日本から 102名(うち農環研から 56名))

シンポジウム参加者(集合写真)

26日(全体会合)

農環研 宮下理事長、FFTC 永井副所長、農研機構 井邊理事長のご挨拶の後、東京大学/国連大学 武内教授による農村アジアのレジリエンス強化戦略に関する基調講演と7題の研究報告が行われました。研究報告は地域の農業環境課題、水資源、温暖化緩和・適応・影響評価、食料生産予測に関するもので、モンスーンアジアにおける農業環境研究の最新成果が報告されました。その後、総合討論として、分科会形式WSと関連する国際ネットワーク(GRA, AgMIP, FAO-Regional Rice Initiative, ASP, INI)の紹介を行うとともに、今後のモンスーンアジアにおける農業環境研究の研究方向や連携強化について議論を行いました。なお、全体会合への参加者は116名でした。

27日(ワークショップ)

気候変動、生物多様性、および土壌保全に関する3つのワークショップを並行して開催しました。それぞれのワークショップにおいて、最新の研究成果が紹介されるとともに、研究プロジェクトや国際ネットワークの進め方が議論されました。

28日目(エクスカーション)

龍ケ崎市横田農場、つくばみらいFACE実験施設、および農環研(インベントリー展示館、昆虫標本館、温室効果ガス発生制御施設)を見学しました。

なお、シンポジウムの報告は10月末に発行予定の「農環研ニュースNo. 108」に掲載する予定です。また、全体のプログラムは MARCOシンポジウム2015サイト で閲覧できます。講演の要旨と発表図表は、今後、同ページに掲載する予定です。

八木一行(研究コーディネータ)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事

2000年5月からの訪問者数(約184万人)