このページではJavaScriptを使用しています。

 


 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > イチビ

■外来植物図鑑

 

イチビ

科名
アオイ
和名
イチビ
学名
Abutilon theophrasti Medik.
写真
イチビ
解説・説明
 インド原産。アオイ科の一年草で、高さ0.5〜2m。繊維作物として古く導入された系統と、近年、輸入穀物に混入して侵入してきた系統が区別されている。イチビ属は世界で約100種が知られ、日本には2種が自生する。イチビ属の植物は、アブチロンの通称で観賞用等に利用されている。別名ボウマ、キリアサなど。最近では飼料(トウモロコシ、ダイズ)に混入したものの非意図的移入により侵入した。飼料に混入すると牛乳が異常風味になる。また、表皮が丈夫で容易に切れないため、作物に混入すると収穫の妨げになる。開花期は6〜10月。両性花。虫媒花。1個体当たりの種子生産量は4,300個、種子の寿命は20年以上との報告がある。強い異臭をもち、アレロパシー作用に関する研究もがある。今後、侵入経路や分布拡大のメカニズムを把握し、効果的な防除方法や分布拡大の抑制策の検討が望まれる。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して