このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > ナガエツルノゲイトウ

■外来植物図鑑

 

ナガエツルノゲイトウ

科名
ヒユ
和名
ナガエツルノゲイトウ
学名
Alternanthera philloxeroides Griseb.
写真
ナガエツルノゲイトウ
解説・説明
 特定外来生物に一次指定されている。

  南アメリカ原産。ヒユ科多年生草本。高さ0.5〜3mになる。印旛沼で観察されるが、淀川や北河内など関西方面にも進出している。侵入経路は不明。中国では日本より早く侵入し、上海近郊など華中の水田や水路に蔓延している。空心蓮子草や革命草という呼び名がある。

  水辺で湿性植物として出発し、水上に茎を伸ばし、節間の空気を浮きとして広がる抽水植物となり、節から発根して浮島を形成し、浮遊生活を行って分布を広げ、水路を詰まらせるなどの障害を起こす。風や波により浮島が崩壊すると、各節が水辺にたどり着き、繁殖的な繁殖をする水陸両用の植物である。

  本種を用いて汚れた水を浄化するビオパーク方式の水質浄化法が考案されている。ハスモンヨトウの食害を受けるが、ハスモンヨトウの発生源となる可能性もある。
化合物名
6-Methoxyluteolin 7-rhamnoside
Alternanthin
化学式
ナガエツルノゲイトウ

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して